BUSINESS MODEL ナカジツのビジネスモデル

常識を覆すナカジツのビジネスモデル

モノが売れない時代、そんな不況の中、
他とは一線を画す発想と、情報を巧みに
操るビジネスモデルで
業界をリードし続けます。

8年で売り上げ31倍という急成長。 8年で売り上げ31倍という急成長。
8年で売り上げ31倍という急成長。

ナカジツの急成長は止まりません。
将来的には、全国展開100店舗、売上額としては1000億円を目指しています。この数字を実現するために、今は店舗展開を進め、事業スキームの構築に力を注いでいます。
今後も常に不動産業界をリードし続けます。

ナカジツが成長を続ける理由

一般的にリスクが高いと思われる不動産事業。
その大きな要因となっているのが、事業の長期化と価格の変動です。
大型のマンション開発では事業期間が長く、着手から完成までの間に相場価格が変動してしまうリスクが孕んでいます。
また、REITや私募ファンド等の投資マネーが流入する投資用不動産マーケットは金融市場による価格変動の影響を大きく受けるリスクがあります。
アールアンドリュクスグループではこういった大きなリスクを孕むハイリスク・ハイリターンでの事業モデルは行わず、小規模、短期間、ローリスクでの事業展開を行なっております。
アールアンドリュクスグループでは着実で健全な成長こそ、お客様と共にあり続けるための最適な手段だと考えています。

取引価格規模と事業スパンにおけるナカジツ 小規模・短期間ローリスク 着実で健全な成長を続ける

それぞれのバリュー効果を
最大化するナカジツの
バリューチェーンマネジメント

ナカジツで行っている不動産事業は不動産仲介事業、メーカーとしての注文住宅事業、新築分譲事業など多岐に渡ります。
事業の多角化に伴いバリューチェーンを構築、主な事業活動毎にサービスサイトを開設・運営を行うことにより
それぞれのバリュー効果を最大化しています。

仲介事業

売りたい人と買いたい人をマッチング バリュー効果の最大化

メーカー事業

サービスサイトを開設・運営 プラン提示から完工までワンストップサービス 仕入れから物件紹介までワンストップサービス

だから強い、
ナカジツのバリューアップ
提案営業モデル

一般的な不動産仲介における営業機能が仲介収益に閉じているのに対し、
ナカジツの営業では「リノベ・注文住宅提案」及び「自社物件の仕入れ・販売」機能を
有機的に統合しています。

一般的な不動産仲介事業モデル

営業機能が仲介収益に対して閉じているのでバリューアップしない

営業機能が仲介収益に対して
閉じているので
バリューアップしない

「ナカジツ」
バリューアップ提案営業モデル

多方面からの提案営業によりバリューアップ!

多方面からの提案営業により
バリューアップ!